コーヒー豆知識
コーヒーのたて方

美味しい珈琲を飲むために…
最も重要なのは、焙煎したての新鮮な珈琲豆を使用することです。
ただし、焙煎直後の豆は炭酸ガスが大量に発生し不安定な状態のため、とげとげしい味になります。
焙煎後1〜2日置けば安定し、その豆本来の甘味、 酸味、苦味などを味わうことができます。

<コーヒーの粉とお湯の分量>
コーヒー 湯 量
1杯分 約15g 150ml
3杯分 約36g 450ml
5杯分 約50g 750ml
  • ペーパーフィルターの底のシール部分を手前に折ります。

  • 裏返して側面のシール部分を手前に折ります。
    (底と互い違いになるように折ってください。)

  • 人数分のコーヒーの粉を入れ、少し揺すって平らにして真ん中をスプーンなどで少し凹ませます。

  • 90℃弱のお湯(沸騰したお湯を少しさましたもの)を、 中央から外側へ「の」の字を書くように静かに注ぎます。(粉全体をしめらせる程度の量で充分です。)

  • 粉全体が膨らんできたら、20〜30秒待って蒸らします。

  • 中央から「の」の字を書くように2回目のお湯を静かに注ぎます。この際、縁までお湯をかけないようにしましょう。(縁の部分は粉の量が少なく、コーヒーの成分がうまく抽出できません。)

  • 3〜4回目のお湯も2回目同様に注ぎます。それぞれ前のお湯が落ちきる前に次のお湯を注ぎましょう。

  • お湯がすべてドリッパーから落ちる前にサーバーからはずしましょう。

コーヒーの保存方法

保存方法
少しでも長くおいしい珈琲を飲んでいただくために、珈琲豆の品質の変化を遅らせるには酸素、水分、光を遮断することと、高温を避けることが重要です。
まずは酸化を遅らせ(空気に触れなくする)、吸湿、吸臭を避けるために密閉容器に入れましょう。
(その際、袋の空気を抜き輪ゴムなどで封をして、そのまま密閉容器に入れるとさらに効果的です。)
また、粉の場合は空気に触れる面積が断然大きくなるため、豆の場合より品質の変化は速くなります。
おいしく飲んでいただくための保存期間の目安は、粉の場合は常温で約20日、豆の場合は常温で約1ヶ月、それ以上の場合は冷蔵保存、さらに長い場合は冷凍保存が有効です。

コーヒーは吸湿性が非常に高く、臭いを吸着する性質がありますので、冷蔵庫などに入れる
 場合は必ず密閉容器に入れてください。